食事で肉離れからの回復を早める。最近食べていた栄養素の公開。


 

左半身の肉離れから早2週間(!)

 

時の流れが経つのは早いですねえ。

 

 

 

おかげさまで痛みは大方消え去り、
日常的に過ごす分には問題ないほどに回復しました。

 

 

ひどい筋肉痛程度だったのでしょうか…?
いやでも、ベッドから起き上がれないほどだったので、
肉離れだと思い込みたい。

 

 

そうだ、あれは肉離れだ。

 

 

一応似たような症状を調べたところ、筋膜炎なる症状も見受けられたのですが、
こちらは筋肉が固まってしまうとか筋肉を使いすぎることで
筋肉の膜が炎症を起こすと言うものだそうです。

 

 

 

何がなんだかわかりません。

専門家でない私は、筋肉痛以上肉離れ以下のなんか痛み。
として次に進みます。

 

 

既に肉離れというキーワードがゲシュタルト崩壊しそうですが、
何故こんなに早く治したかったかと言いますと

 

肉離れをしてからちょうど1ヶ月後に、
私が所属してるテニスサークルで他サークルさんと
交流戦の予定があるのです。

 

それまでにはなんとかして治したい。

 

しかも相手が外人さんでして、

 

 

「ヘイ、痛そうだな!どうしたんだい?」

「に、ニクバナレなのさ、気にしないでくれ」

 

 

肉離れなんて英単語は知らない。

そしてこんな恥ずかしい会話はなるべくしたくない。笑

 

 

その一心で、
「肉離れ、治療、食事」とか
「肉離れ、食事、自宅」とか調べて早期回復に努めました。

 

 

肉離れってそもそもどんな状況なんでしょう?
痛みに耐えながらいろいろ調べたので、改めて

 

からさわ整形外科クリニックさんのページから、抜粋させて頂きました。

https://www.karasawa.gr.jp/case/nikubanare/

 

 

簡単にまとめると、急激な負荷に耐えられなかった筋肉が
一部、切れたり避けたりして痛みが起きる怪我のこと。

 

こんな感じですかね。
いいですよね?笑

 

 

治すためには、
「ちぎれてしまった筋肉を、くっつける」ことが必要っぽいです。

くっつけるためには、必要な栄養を摂取し、筋肉を作ること。

 

 

では、そのために必要な栄養分とは。
()内は食事、食材例です。

 

 

・タンパク質(鶏胸肉、ササミ、プロテイン)
・ビタミンB6(マグロ、カツオ、鶏肉)
・ビタミンC(野菜、果物)
・マグネシウム(海藻、大豆)

 

この辺がネットをで探していると、共通して書かれていました。

 

そこで、ここ最近私が食べていたのはこちら。

チキンステーキ

400円程度とは思えないボリュームとクオリティ!
しかも胸肉、なのにパサつかず美味しい。最高。

 

 

プロテイン飲料

タイでは定番のMeiji milk protein
最近新発売のいちご味はイチゴオレのような味でおいしい。
写真はバニラ味ですみません。。。

 

 

納豆+キムチ+生卵
マグネシウム、ビタミンC、タンパク質とフルメンバーです。
混ぜて食べてましたが、見た目がアレなので写真は割愛。

 

 

 

野菜スープ

【実践記録】ファイトケミカルスープを作ってみた。
定番、ファイトケミカルスープ。
お肌を綺麗に保つために基本朝食はこれで、溶け出した栄養を頂いてます。
今回は鶏ガラスープで中華風。

 

 

フルーツ
南国はフルーツが安く手に入るのがとても嬉しいです。
今回は特に、マグネシウム、ビタミンC目的で
ドラゴンフルーツを頂いてました。

 

 

タイはそこら辺にフルーツ屋台があるので、
70円くらいで手軽に果物が買えます。嬉しい。

 

 

そんなこんなで、まだ多少「おや?」と思うことはあれど、
ほとんど痛みは引きました。

 

 

本当に肉離れだったのか疑問は残りますが、
何もしないよりは、意識した食事が回復を手伝ってくれたと

半ば信じ込む形でこの記事を終えたいと思います。

 

 

 

 

ただ、こんなものも食べましたけどね。

 

ラーメン・つけ麺フジヤマゴーゴー
坦々つけ麺 tokyo tower盛り(麺3倍)

 

オホホホホホホホホホ

 

 

痛みも引いてきたので、少しずつHIITトレーニングを
復活させていきます。

それでは。

【ただいま工事中】不摂生との戦いへ -メルマガへ参加する-

 


メールアドレス


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
初めまして!まずはこちらを
カテゴリー
書いている人


ぷく太郎

食べることと飲むことをこよなく愛するアラサー男子。
ただし太ったり肌荒れは起こしたくないという矛盾を解決すべく、妥協点を探る毎日をタイ・バンコクで過ごしている。
初めての海外生活開始から2年が経過。

健康とは無縁の食生活はこちら

 

最近の投稿

ページの先頭へ