【運動結果記録】【禁酒・断酒は身体に良い?あなたの体に与える影響とは。】HIIT 20200614


この3ヶ月間、しばらく無かったんですが、

土曜日は頭痛は頭痛がひどく、トレーニングを休みました。

 

 

 

以前もあったんですが、頭の表面?表皮を掌で掴んで

ギュっっっ!と引っ張り上げられるような感覚が一定間隔で続くんです。

 

 

 

偏頭痛ってやつでしょうか・・?

学生の頃〜社会人で国内営業している時まではなかったんですが、

タイに来て、今のポジションで働いてから発生したんですよね。

 

 

 

 

お医者さん曰く、

 

 

血管ガ収縮が激シイ時二、痛ミカンジルネ!

クスリノンデ、オサケ、タバコ、激シイ運動、一旦ストップネ!

 

 

 

 

コロナウイルスの外出自粛期に、がっつり断酒すればよかったかしら。

オンライン飲み会を参加どころか主催したのは私だったりして、

断酒出来なかったことについて、何の言い逃れもできません

 

 

あとはそんなことしたらこのブログ自体のコンセプトが崩壊しますね。笑

 

 

 

ちなみに、断酒・禁酒するといいコトってあるのか、頭痛には関係あるのか調べてみました。

 

 

基本的に、アルコールは脳を活性化させる働きがあります。

夜にお酒を飲むことが多いわけですが、お酒を摂取して寝ると

なかなか眠れなかったり、肝臓がアルコールを分解するために働き続けマス。

 

肝臓だけ夜シフトも残業となり、夜勤スタートな訳です。

かわいそうな肝臓。

 

その結果、疲労感が抜けず、何だか一日中身体がだるい

なんてことになり兼ねません。

 

ってことは寝酒って基本的にNGぽいですね。。

 

 

 

眠りにつくためだけならば、寝る90分前までに入浴を済ますと

良いみたいですね

スタンフォード大学の研究、西野先生って方が書いている書籍でも掲載されていましたが、

私は今こちら実践中。お酒飲まなくてもすっっと寝れます。

 

 

 

で、いくつか実際に禁酒をやって見た方のブログとかを見ましたが、

ハッキリとした禁酒・断酒による科学的根拠を持ったメリットは分かりませんでした。

 

頭痛ともあまり関係なさそうです。

 

 

ただ、事実として

お酒を飲まない=つまみを食べない=ダイエットになる

お酒を飲まない=肝臓が休まる=疲労感軽減

お酒を飲まない=酔っていない時間が増える=他のことに時間を使える。

なんて結果が皆さん多かったです。

 

 

 

ヤケ酒、大酒はしばらくしていませんが、会食となるとやりがちなので

このブログで酒量を記録して、自分が飲んでいる量を把握してみたいですね。

 

 

さて、そんな頭痛明けの日曜日、もはや定番。

「パンプする。大胸筋!!」

 

 

部位:胸筋

時間:5分 30秒トレーニング+30秒休憩 x 5種目

種目(腹筋)

プッシュアップ⇒ジャンププッシュアップ⇒ナロー&ワイド⇒アーチャード

⇒プッシュアップ

運動後:Meiji Milk Protein 27g バニラ

参考動画:

 

 

気づけば今週が終わると最後の3ヶ月目測定なんですね。

 

 

無理せずのんびり続けてきたので、最後の追い込みなんてことは致しません。笑

 

 

20日の結果を纏め上げて、3ヶ月間で

HIITによる脂肪燃焼効果があったか。

ご覧に入れたいと思います。

【ただいま工事中】不摂生との戦いへ -メルマガへ参加する-

 


メールアドレス


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
初めまして!まずはこちらを
カテゴリー
書いている人


ぷく太郎

食べることと飲むことをこよなく愛するアラサー男子。
ただし太ったり肌荒れは起こしたくないという矛盾を解決すべく、妥協点を探る毎日をタイ・バンコクで過ごしている。
初めての海外生活開始から2年が経過。

健康とは無縁の食生活はこちら

 

最近の投稿

ページの先頭へ